ディナー

幡ヶ谷『酒廊 而空』は化学調味料無添加!日本酒と極上中華を合体させた名店をおすすめします

中華料理って油が多いから、少し気になる
デートで中華屋さんっていうと、高級なとこだけしかないよね

そんな風に思うことってありませんか?
これから紹介する幡ヶ谷にある『酒廊 而空』さんでは、

    • 体に優しい中華
    • 落ち着いたシックな店内
    • 美味しいのにリーズナブルな中華

を、本格極上中華とともに味わうことができます。

なぜなら幡ヶ谷の『酒廊 而空』さんの料理は化学調味料が無添加だから!

中華料理=化学調味料というイメージがあるなか、『酒廊 而空』さんは化学調味料を使わないでどのような中華を創り出すのでしょうか……?
オシャレな店内も一緒にリポートします。

 

 

Sponsored Link


幡ヶ谷にある『酒廊 而空』は化学調味料無添加!それでいて本格的な中華が味わえる

爆(バオ)や炒(チャオ)など、炒め方の中にも数種類もの技法を使い、そこに多種多様な調味料で味付けをしていくのが中華料理。
その多様さから、1人の中華料理人は何万種類もの料理を作ることが可能なんだそうです。

そう考えると、調味料の重要性はとても高いように感じられ、そんな重要な調味料が無添加なんてにわかには信じられません

そんな疑問を解決すべく、今回は実際に幡ヶ谷にある『酒廊 而空』さんへ訪れ、ランチをいただいてきました。

化学調味料無添加の実態とは!?『酒廊 而空』さんのランチへ行ってきた

幡ヶ谷駅北口から出ておよそ30秒。
ツタヤの入り口横に『酒廊 而空』さんはありました。

お店の外観から伝わる高級そうな装いに若干ビクビクとしつつ、木製の引き戸を開きます。

お店の中へ入ると、シックな店内が目に飛び込んできました。

黒を基調とした店内はほのかに暗く、デートで使うにも良さそうです。

店内には中華のスパイスの匂いが立ち込め、胃を刺激してきます。
もう匂いだけでご飯食べられちゃいそう……。

席へと案内されると、僕は迷わず麻婆豆腐を注文します。

声を大にして言いたい。
本場四川ですよ、本場四川!

お昼は店主の方がお一人でやっているのか、注文もお水の配膳もやられていました。

鉄鍋が火に煽られ、大きな火柱が上がるのが見えます。
『酒廊 而空』さんの調理場は、上記の写真を見てもらうとわかるようにカウンター前にあるので、料理を作っている様子が手に取るようにわかるんです。
迫力もすごく、鉄鍋がコンロとぶつかって立つ「カシャッ、ガシャッ」という音まで聞くことができます。
目で見ても音で聴いても作っている様子を楽しむことができるのは、『酒廊 而空』さんの狙いなのかもしれません。

待っている間も楽しませる努力を行なっているのは、すごい!

目で見て音で聴いて楽しんでいたからか、料理が提供されるまではほんの一瞬のように感じました。

めちゃめちゃ美味しそう!!!

ここで注目して欲しいのが、ご飯が白米ではない点です。

五穀米?豆?なのか、とにかく白米ではありません(無知でごめんなさい)。

健康を考え化学調味料を使っていない上にご飯(ライス)でも体の健康への配慮が見られ、健康を気にしている人にとって、とても魅力的。
中華料理は油が多いので、なかなか健康を気にしている人にとっては「毎日食べよう」と思えないものなんですよね。

ブログを書いていて気付いたのですが、麻婆豆腐の接写写真がない……!
早く食べたすぎて撮るの忘れたみたいです、ごめんなさい(てへぺろ)。

さらに気になったのが、レンゲが木製な点。
ガラス製のレンゲより、木製のレンゲの方が口当たりが柔らかいんですよね。

こういうところ(化学調味料無添加や木製のレンゲ、シックな店内)からも、女性をターゲットにしたお店のコンセプトやお客さんへの配慮が伺えます

麻婆豆腐を一口パクリ。
途端に、山椒の爽やかな風味が鼻腔を抜けていきます。
香りを楽しんでいると、山椒のピリッとした辛味がやってきます。
ただ、嫌味な辛さではなく、心地よい辛さが舌を刺激するんです。
ビリビリジンジンと舌に鈍い痛みをもたらすんですが、辛味とともに運ばれてくる旨味がレンゲを口に運ぶのをやめさせません。

止まらない美味しさとはこのことですね。

(辛さの調節もできるそうなので、辛さが得意でない方は注文の際に一言伝えてください。)

麻婆豆腐の旨味が消えないうちに、ご飯をパクリ。

……美味しい

やっぱ麻婆豆腐にはライスですよ、ライス。

白米とは違う『酒廊 而空』さんのライスですが、白米好きでも問題なく食べることができます。
なんたって、白米しか受け付けない人間の僕がこんなに美味しく食べられるので……。

この日は小皿で中華ドレッシングがかかった野菜とポテトサラダが付いてきました。

採れたてですか!?

と思わず思ってしまうほど新鮮な野菜でした。

噛むと、野菜の水分が「シャキッ」という音とともにやってくるんです。

そんな野菜に絡まる中華ドレッシングが美味しすぎておかわりしたくなってしまいました。

それに、器がめっちゃオシャレでかわいいんですよ!

こういう小さいところにある配慮が、余計にお料理を美味しく感じさせてくれます。

Sponsored Link


『酒廊 而空』さんは日本酒と中華料理を融合させた!

『酒廊 而空』さんのもう一つのおすすめポイントとして挙げられるのが、日本酒と中華料理の融合です。

この看板にも書いてあるように、『酒廊 而空』さんの中華は日本酒に合うようにも作られています。

それがわかるように、メニューには各料理に合う日本酒がおすすめされているんです。

ほかのメニューも見たのですが、リーズナブルなものも多く、手を出しやすいと感じました。

写真に載っている「よだれどり」も、そこまで高くないですよね。

化学調味料無添加だとどうしても割高なイメージがありますが、『酒廊 而空』さんは全体的にリーズナブルでした。

訪れたのは日中だったので、今度はぜひ夜に訪れ、日本酒と中華の融合を体験してみたいと思いました。

『酒廊 而空』さんのオシャレな店内は、中華料理屋だということを忘れさせてくれる

最後まで美味しく食べさせてくれた『酒廊 而空』さん。

料理の美味しさもさることながら、デート向きの店内の綺麗さも注目です。

カウンターの上には各種調味料が置かれ、シックな店内のために、調味料を見るまで「中華料理屋」というのを忘れていました。

入り口の写真を見るとわかるように、木と木の間から少量の光を取り入れることができます。

そのため、外が陰ると店内も少し陰り、まるでグラデーションのように店内を彩ることがあるんです。
最初は「照明のせいなのかな」と思っていたのですが、どうやら日光のもたらすグラデーションでした。

オシャレすぎるだろ……。

トイレも綺麗で、綿棒やつまようじといったアメニティもあり、お店のいたるところから配慮が伺えます。

デートの際には、目の前でつまようじを使うのはためらわれますよね。
こういった配慮のできる料理屋さんは、かなり数少ないと思います

幡ヶ谷の『酒廊 而空』さんは、料理も店内も配慮が行き届いている中華屋さん

今回は、渋谷区幡ヶ谷にある『酒廊 而空』さんへお邪魔しました。

最近、幡ヶ谷はいろいろなお店が増えているために、何回も訪れてしまっています。

今回訪れた『酒廊 而空』さんは、幡ヶ谷に数多くある中華屋さんの中でも1位2位を争う中華屋さんなのは間違いありません。
幡ヶ谷にあるほとんど全ての中華屋さんに行った僕は、そう感じます。

デートでも友達とでも、健康に嬉しい化学調味料無添加の本格中華をぜひ味わってみてくださいね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Sponsored Link


ABOUT ME
da
da
とにかく食べることが好きで、日々「美味しいもの」についてしか考えていません。 「美味しいものは世界平和に繋がる」という考えのもと、美味しいものをどんどん紹介していきます! 太らないためのダイエット情報も載せていきます〜