食べ歩きデート

鎌倉で食べ歩きデートをするなら?おすすめスポットを紹介します

「食べ歩きデート」っていいですよね!

何がいいかって、好きな女の子と美味しいものを食べながら「きゃっきゃうふふ」できるからです。

「きゃっきゃうふふ」したいですよね!?

けれど、どこに行って何を食べればいいかは悩みのタネ。
スマホやパソコンで検索しても、実際に行ったのかどうかわからないお店を紹介しているだけのサイトが山のよう。

「どこに行けばきゃっきゃうふふできるんだ!?」
なんて疑問をお持ちの方に、この記事では僕が実際にデートで使ったお店や観光スポットを紹介していきます。

そんな記事の第一弾の場所は「鎌倉」。

由比ヶ浜や鎌倉大仏など、近年、デートスポットとして大変な人気を得ている鎌倉のおすすめデートスポットを「食べ歩き×デート」として紹介していこうと思います。

鎌倉はデートにおすすめ!なんで鎌倉が人気なの?

デートスポットを紹介する前に、なぜ鎌倉が人気デートスポットなのか、を書いていこうと思います。

鎌倉デートするのにも「ただ、おすすめだったから」や「近いから」なんて思っているだけでは、心から鎌倉デートを楽しむことはできません

そこで、この章ではおすすめの鎌倉デートコースを紹介する前に、鎌倉の歴史などをすごーくすごーく簡単に紹介していきます。

鎌倉の魅力を知ってから、鎌倉デートに出かけましょう!

Sponsored Link


鎌倉の歴史は文化の歴史

鎌倉には、12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府が置かれていました。

いわゆる「鎌倉文化」ですね。

中学や高校の授業で習ったこともあるのではないでしょうか。

近代に入ってからの鎌倉には、鎌倉文士と呼ばれる作家や美術家などが集まり、芸術が育まれてきました。

鎌倉にある「鎌倉文学館」には、川端康成や夏目漱石といった鎌倉にゆかりのある小説家の展示物が展示されているので、鎌倉文化に興味のある人には大変面白いスポットだと思います。

他にも、古社寺や史跡、円覚寺舎利殿を含めた文化財が比較的多く残っています。
古いものの美しさという点が、鎌倉が人気スポットになった理由なのだと、鎌倉に行って感じました。

鎌倉でおすすめの食べ歩きデートスポットはここだ!実際にデートしてみた

お待たせしました!

ここからは、実際に使えるデートプランとして、僕が行ったデートコースを紹介していこうと思います。

待ち合わせは新宿駅!鎌倉は遠いようで近い

僕の鎌倉へのスタート地点は、平日の新宿駅でした。

10時くらいに着きたかったので、待ち合わせは8時半前。
この日は夜に予定があったので、少し早い集合時間となりました。

今日、この企画のためにデート相手になってくれたのは、30代の黒髪ロングの超美人!
背も高く、まるでモデルさんのようです。
お顔を見せられないのがなんとも惜しいです…(僕の妄想の女性ではありません僕はやばいやつでもありません)。

そんな彼女と無事に合流でき、JR湘南新宿ラインで鎌倉へと向かいます。

大崎までは混んでいたものの、武蔵小杉を過ぎるころには車内は人がチラホラいるだけでした。

JR湘南新宿ラインの何が良いかって、それはボックス席の存在!
二人がけのボックス席が二つ向かい合っているので、好きな人と密着して移動できる点が嬉しかったです。

体が近いせいか、緊張しつつも自然と話が弾んでしまいました。

デートの際には、ボックス席の存在は非常に大きいですよ!

鎌倉へ着いたら、まずは鶴岡八幡宮へ行こう!

そんなこんなで一時間と少しの時間をかけ、鎌倉へ到着!

駅の左ななめ前方には「小町通り」という商店街があります。

この小町通りは、鎌倉でデートするなら絶対に立ち寄りたいスポットです!

なぜなら、食べ歩きに適した美味しいものがいっぱいあるから

ただ、時間も早いことから、小町通り内のお店は数えるほどしか開いていません。
なので、まずは小町通りをぶらぶらしながら、小町通りの先にある鶴岡八幡宮へ行くことに(念のため言っておきますが、プラン通りですw)。

小町通りをぶらぶらしながら進むこと5分、ソーセージのお店を発見しました!
ソーセージの良い匂いにつられ、ついついお店に引き寄せられてしまいます…。

なんと、鎌倉ビールなんてものも!

ソーセージとビール、なんて最高の組み合わせなのでしょうか。
そんな誘惑に耐えられるまでもなく、まだまだ食べ歩きの予定はあったのですが、食べることにしてしまいました(笑)

じゃん!

一口かじると

肉汁ぶしゃー」!「肉の旨味ずーん」!

っと出てきて、肉のジューシーさがたまらなく美味しい!
あつーいソーセージを食べたあとにすぐビールを飲めば、天国に行けること間違いなし。
天国に行ってしまった僕が言うんですから間違いありません!

「鎌倉ビール」は初めて飲んだのですが、この鎌倉ビールはスーッと喉を通る喉ごしの良い爽快さがありました。
癖がなく飲みやすいビールなので、ビール初心者さんでも美味しく飲めますよ!

美味しいソーセージとビールに後ろ髪を引かれつつも、鶴岡八幡宮に到着しました。

10メートルほどはあろうかという大きな真紅の鳥居をくぐると、前方には見通しの良い参道が200メートルほど続いています。

鶴岡八幡宮の参道の入り口には、歩くことは禁止になっていますが、時代劇などでは頻繁に見かける大きく反り返った橋があります。

そんな橋の横には緑が眩しい蓮の葉が「これでもか!」と池の上で存在感を放っていました。

長い参道を歩いて行くと、そびえ立つように鎮座している階段が前方に見えてきます。

階段を登り切ると、大きな社が現れました。

真上に見上げるほど大きく、とても存在感があったのを覚えています。
一度見たら忘れない、とでも言うのでしょうか。

言葉が見つからないですが、とにかく一度は行ってみるべき神社です!

小町通りにあるおすすめ食べ歩きエリアに行ってきた

これからのデートがうまくいくことを祈り、鶴岡八幡宮内を少し散歩し、小町通りへと戻りました。

食べ歩きデートということで、ここでのお目当は「しらすたこ焼き」と「あげまっしゅ」!

しらすたこ焼きで有名な「鎌倉J’s」さんと「プリンセスきのこ」さんは、小町通り中程の飲食エリアとでも呼ぶべき屋台が連なっているエリアにあります。

10時半ごろにそのエリアへ行くと、「鎌倉J’s」は開いていたものの、「プリンセスきのこ」さんはまだ開店してはいませんでした。
なので、「プリンセスきのこ」さんが開くまで、しらすたこ焼きを食べることに。
開店したばかりでも、すでに僕たちが注文した時点で2組の先客がいました。

平日のこの時間にもかかわらず先客がいるとは、「しらすたこ焼き」の人気の高さが伺えますね!

無事に注文を終え10分ほど待つと、僕たちの番号が呼ばれました。
記憶が定かではないのですが、醤油ソースかを選べます。
醤油ソースはあまり馴染みがないので、ここでは醤油をチョイスしました。

落とさないように慎重に席まで運び(このエリアには席が多数ある)、ぱしゃり。

はいすみません、写真撮る前に我慢できずに一つ食べました…。
だってこんなに美味しそうなんだもの…。

熱々ながらもしらすの風味が漂い、しらすの旨味がじわ〜っと広がってくるんです!!!

たこ焼き自体は柔らかく、王道のたこ焼きです。

ただ、その柔らかさがしらすの風味とよくあっていました。
銀だこのような油で揚げ焼きにしたものだと、しらすの風味が飛んでしまい、ここまでしらすの風味を楽しむことはできないでしょう。

右手にある赤いソースのようなもの、見えますか?

ピリッと辛い調味料なんですが、これがまた、よくしらすと合うんです!
しらすの風味が増すような感じも受けました。

味を変えたいときにおすすめです。

「鎌倉J’s」さんのしらすたこ焼きを楽しんでいると、11時になったようで、「プリンセスきのこ」さんがオープンしました。

「プリンセスきのこ」さんのオープンを待っていた人たちも多かったようで、すぐに短い行列ができるほど。
僕たちも小走りで列に並ぶと、ほどなくして順番が回ってきました。

あげマッシュ串と明太チキンのマッシュを注文して席へ戻ります。


上があげマッシュ串で、下が明太チキンのマッシュです。

あげマッシュ串をパクッといくと、きのこのジューシーな汁が口の中で溢れてきました!

きのこってこんなに水分あるの!?

と、びっくりするほど。
揚げ物にもかかわらずあと二本はするりと入りそうな予感が(笑)

続いて明太チキンマッシュをパクリ。

おおお!
本当に明太チキンだ!

どういう構造になっているのか正直わかりませんでしたが(笑)、きのこと明太子、チキンが喧嘩しないで一つの食べ物として完成されていました。
鼻から抜ける明太子の風味もよく、きのこの風味と合わさってとても美味しかったです!

Sponsored Link


お昼ご飯(ランチ)は小町通りの近くで

たこ焼きとあげマッシュを食べておいてアレですが、まだまだお腹が空いていた僕たちは、11時半すぎではあったもののランチを撮ることに決めました。

ランチはあらかじめ決めておきました。
やはりデートですからね!

……決めておいたにもかかわらず、少し迷いました(笑)

今回お邪魔したのは、鶴岡八幡宮の目の前にある和食屋さん「あら珠」さん。
和食のリクエストをいただいていたので、数ある和食屋さんの中からここを選ばせていただきました。

入り口横にはテラス席もあり、そこには外国人観光客も多数見られます。

僕たちは奥へと案内されました。

奥へと歩を進めると小さい庭園が見え、木漏れ日がなんとも言えない雰囲気を作ってくれています。

デートにはぴったり!
選んでよかったー!

なんて小躍りしてしまいました。
もちろん心の中で…。

彼女は数量限定のマグロとしらすの二色丼を、僕は蕎麦としらすのかき揚げの御膳を注文します。

しばらく他愛のない話をしていると、やってきました!

しらすのかき揚げでかー!!!

はい、写真撮るのを忘れましたごめんなさい。

ついかき揚げに夢中になってしまって…。

許してくださいすみません。

写真は忘れましたが、とっても美味しいランチを堪能できました!

ランチのあとはバスを使って報国寺へ

美味しいランチのあとは、バスを使って報国寺へと向かいました。

報国寺は竹林が有名なお寺で、なんとその数は1000本にも及ぶほど。

記憶に残ること間違いなしですね!

鎌倉駅から「京急バス・鎌24」に乗り約20分ほど揺られ、「浄妙寺」というバス停で降ります。
ここから歩いて5分。

人の波に乗っていけば迷うことはありませんよ!

受付でチケットを買い、いざ報国寺へ!
と、その前に、チケットは二種類選べます。

ただの入場チケットか、抹茶券つきのチケットか。

多少高くても、抹茶券つきのチケットを選びましょう!

報国寺へ入って上を見上げると、一面に竹・竹・竹

奥へと進むと庭園もありました。

庭園の横には鯉も泳いでおり、まるで昔の時代にタイムスリップしたかのような錯覚まで覚えるほど。

いやー、癒されます。

報国寺自体はそこまで大きくありません。
むしろ小さいと感じてしまうでしょう。

けれど、その小ささがまたいいんですよね。

落ち着くというかなんというか。

少し歩き疲れたので、先ほどの抹茶券を持って休耕庵へと歩を進めました。

抹茶を受け取り、席へついてぱしゃり。

美味しそうー!

目の前に目を移すと、竹林と抹茶がなんとも言えない雰囲気を僕と彼女の間に醸してくれます。

抹茶を一口すすると、口の中を飛び越えて頭の中にまで抹茶の匂いが広がります。
全身が抹茶に浸っているよう(笑)

抹茶と一緒についてくる砂糖菓子が抹茶の苦味とよく合い、悶絶してしまうほど美味しかったです!

抹茶の苦味が苦手な人も美味しく飲めるのではないでしょうか。

抹茶に舌鼓を打ち、もう少し散策してから報国寺を後にします。

Sponsored Link


鎌倉デートの締めは由比ヶ浜で海デート

報国寺から鎌倉駅へ戻ってきた時点ですでに15時になっていました。

時間的な制約があるので、小走りで次の目的地へと向かいます。

次の目的地は「由比ヶ浜」。

江ノ電を使って由比ヶ浜まで行きます。

ちょうど時間は夕方なので、ここでは夕日を彼女と一緒に見ることを目的にやってきました。

はいすみません、また写真忘れました。
ここでは他のサイトから引っ張ってきた写真を貼らせていただきます。

由比ヶ浜

この日の由比ヶ浜は風が強く肌寒かったので、秋や冬近くに行った場合は彼女が冷えないように羽織るものを持って行ってあげるとポイントアップ間違いなしかも……!?

鎌倉デートは食べ歩きにも観光にもおすすめの場所だった!

由比ヶ浜で海を堪能したあとは、小町通りでお土産を買って帰りました。
小町通りは飲食店も多いですが、お土産やさんも多いです。

僕たちも鎌倉名物「まめや」でお菓子を買いました。

そうして、今日の鎌倉デートはおしまいです。

時間的に少しコンパクトなデートプランになりましたが、鎌倉のいいところはしっかり満喫できるデートコースになっていたのではないかと思います。

このデートコースを考えるのに、僕も多くのサイトを見て勉強しました。
このサイトを見ている方も、ぜひ多くのサイトを参考にして大好きな人に満足してもらえるデートプランを考えてください!

その中に、僕の考えたデートスポットが入っていたら嬉しいです。

Sponsored Link


ABOUT ME
da
da
とにかく食べることが好きで、日々「美味しいもの」についてしか考えていません。 「美味しいものは世界平和に繋がる」という考えのもと、美味しいものをどんどん紹介していきます! 太らないためのダイエット情報も載せていきます〜